税理士事務所の規模別のメリット・デメリット

時間外でもできる限り対応させていただきます。

お問い合わせはこちら052-893-8939 美容業・飲食業開業支援センター名古屋 平井税理士事務所

 

 

ここでは、規模別の税理士事務所の傾向をご紹介します。

 

◇小規模税理士事務所(スタッフ10名以下)


・メリット

代表税理士が対応することが多い

気軽に何でも相談しやすい

料金が中堅や大手に比べ安い

 

・デメリット

M&Aなど複雑な案件に対応できない可能性がある

スタッフがパートや新人の可能性がある

大規模の会社には対応できない

自宅が事務所の場合がある

 

 

◇中堅税理士事務所(スタッフ10~50名)


・メリット

やや複雑な案件にも対応できる

スタッフに資格者や得意分野をもった人材がいる

立地がいいオフィスビルに入っていることも多い

 

・デメリット

小規模事務所に比べ料金がやや高い

経営者クラスとの係わりが少なく経営の話ができない。

担当者によって善し悪しがある

小規模の会社は頼みづらい

 

 

◇大手税理士事務所(スタッフ50名以上)


・メリット

複雑な案件にも幅広く対応できる

スタッフに資格者や得意分野をもった人材が多い

優秀なスタッフが集まりやすい

組織化されている

 

・デメリット

料金が高い

経営者クラスとの係わりが少なく経営の話ができない

担当者によって善し悪しがある

中規模以下の会社は頼みづらい

 

やはり、会社の規模に応じて、税理士事務所の規模を選択するのが、よいと考えます。

 

→ 税理士の種類

 

お問い合わせはこちら052-893-8939 | 美容業・飲食業開業支援センター名古屋 平井税理士事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL