税理士の種類

時間外でもできる限り対応させていただきます。

お問い合わせはこちら052-893-8939 美容業・飲食業開業支援センター名古屋 平井税理士事務所

 

 

税理士になるためには、実は大きく5種類のなり方があります。

 

税理士試験に合格した税理士…全体の約46%(※1)


所定の試験5科目に合格した税理士です。

11科目のうち所定の5科目に合格することで税理士になりますので、

合格していない科目については、知識が不足している可能性があります。

 

 

試験一部免除された税理士(学位による一部免除)…全体の約34%(※1)


修士又は博士の学位を授与された者は、試験の一部が免除されます。

11科目のうち所定の2~3科目に合格することで税理士になりますので、

合格していない科目については、知識が不足している可能性があります。

 

 

税務署OB税理士(国税従事者における免除)…全体の約8%(※1)


10年又は15年以上税務署に勤務した国税従事者は、税法に属する科目が免除されます。

23年又は28年以上税務署に勤務し、指定研修を修了した国税従事者は、会計学に属する科目が免除されます。

現役時代に所属していた部署により得意不得意があります。

また、税務署の内情を知っているという強みがあります。

 

 

公認会計士税理士…全体の約12%(※1)


公認会計士は税理士ではないため、公認会計士資格では税理士業務はできません。

しかし、公認会計士は税理士試験を受けずに税理士登録できます。

公認会計士の業務は上場企業等の監査であり、個人開業の公認会計士の多くは、

公認会計士業務ではなく、税理士業務を行っています。

 

 

弁護士税理士…全体の約0.7%(※1)


弁護士は税理士ではないため、弁護士資格では税理士業務はできません。

しかし、弁護士は税理士試験を受けずに税理士登録できます。

 

 

よく税理士と会計士の違いを聞かれますが、上記の通りです。

どの税理士が良いかという質問も受けますが、どのなり方でも

優秀な方もいれば、そうでない方もいますので、なり方だけでは判断できません

やはり、人気がある税理士気が合う方を選ぶのがいいと思います。

 

※割合はH27.3.31現在の数字

 

お問い合わせはこちら052-893-8939 | 美容業・飲食業開業支援センター名古屋 平井税理士事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL